« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

1/9(水)初稽古と帯状疱疹と辛いラ~メン!!

20190109_203013

みなさまステキな年末年始を過ごされましたでしょうか?

実は私は昨年末から「帯状疱疹」という病気にかかってしまいました。

帯状疱疹とは、昔、水ぼうそうにかかった人が、水ぼうそうが治ってからも、ウィルスだけは体の奥底に潜んでいて、加齢やストレスで抵抗力が落ちた時に再び表面に出てきて悪さをするという病気です。こんな病気があるとは知りませんでした。

しかしまあ、私が水ぼうそうにかかったのは1歳とか2歳のときなんで、そこから40年以上、私があんなことをしてるときやこんなことをしている間も、ウィルス氏は静かに我慢強く、再び表舞台に出る日を虎視眈々と狙っていたというわけですね。

そう考えると多少、リスペクトの念もわきあがってきますね~。

症状の出る箇所は人によって様々らしいのですが、私の場合は左太もも一面に水ぶくれのような発疹が出て、なかなかグロいことになっていました。

ただ、人によっては夜も眠れないくらい痛むらしいんですけど、私の場合、幸いにもほとんど痛みはありませんでした。

病院でもらった薬を飲んで、現在は水ぶくれもかなり枯れてきて、かさぶたみたいになってきているので、もうすぐ治りそうな感じです。軽傷で済んだのはラッキーでした。

しかしながら、「加齢やストレスによって抵抗力が落ちている」というのは気になるところです。確かに最近、なにかと病院に行く機会も増えてますし、風邪もなかなか治りませんしね。

今年は抵抗力を上げていくように頑張らないといけないなあ~、と思いました。

そんなわけで、かつて水ぼうそうにかかったことのある方は「帯状疱疹」の発症には十分ご注意ください!

それでは、今年もスポ~ツチャンバラをいたします。

※婆娑羅通常練習  

 練習メニュー  

 ■基本練習   

  ・基本動作      

  ・ミット打ち  

 ■試合形式   

  ・対戦   

  ・新春トーナメンツ

20190109_204416

20190109_203726

20190109_205352

※所感

本日は、今年一発目のバサラの練習にして平成最後の初稽古!

「毎度おなじみ」パドZさんと「白帯界のスーパースター」セイノさんが出稽古に来てくださり、新年早々素敵な練習ができました。

新年一発目は毎年恒例、今年の目標を聞くのですが、コウちゃんの目標は「金メダルを取る!」ということでしたので、ぜひ今年中に金メダル取りましょう!

私の今年の目標というかテーマは「シンプル」。シンプルな技をよどみなく決められる素敵なジェントルメ~ンになりたいと思います。

クロさんとスギ様の目標は聞くの忘れてた!……ま、いっか。

そんな感じで今年も頑張っていきたいと思います。

練習後はパドZさんといっしょに最近新しくできた超高級麺料理店「零」さんで、ラ~メンを食しました。

かなり個性的なラ~メンとおばちゃんでした。

Img_2041_2

パドZさんは超辛いラ~メン「辛麻麺」(この店のオリジナルらしい)を食べて、真冬だというのに汗だくになっていました。私もひと口いただいたのですが、口の中ではそれほど辛く感じないのですが、飲み込むときにのどを猛襲してくるタイプの辛さでした。

パドZさんは「胃が痛い」と言いながらも、全部食べ切ってらしたので、さすが「炎の男」だなあ、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1(元旦)「RIZIN」の感想!!

年末はTVで「RIZIN」を観戦しました。

今大会の目玉、フロイド・メイウェザーvs那須川天心の一戦ですが、私としてはこのカードが決まった時は、期待感とかよりも嫌悪感がいっぱいでした。

ずいぶん体重が違ううえに、ボクシングルールでは、天心に勝ち目はないどころか、潰されてしまう可能性もあると思ったし、また例によって話題性や興業のことのみを優先した無茶苦茶なマッチメイクだよなあ~、と思いました。

しかしながら、実際の試合ではそういった私の予想とはてんでレベルの違うものを見せつけられてしまいました。

天心に勝ち目はないとはいっても、キックボクシングにもパンチの技術はあるわけだし、そのリングで「神童」と呼ばれるにふさわしい無敵の強さを見せている天心ですので、勝てないまでもうまくいけばそこそこの試合はできる可能性はあるんじゃないか、と思っていたのですが、まったく試合になりませんでしたね。

あんなに強い強い天心が、大人と子供ほどの力の差を見せつけられるとは……いくらなんでもあれほど差があるとは思いませんでしたし衝撃でした。「蹴り有りなら……」とか考える余裕すらなかったですね。

ボクシングもキックボクシングも「打撃系」ということでひとくくりにされることもありますが、両の拳だけの戦い方を究極まで突き詰めたボクシングの技術というのは、やはりキックボクシングのパンチの技術とは全く次元が違うものだと思ったし、有史以来の歴史を持ち、世界中で行われ、一夜にして何百億以上のお金が動く世界、その頂点に立つ人間というのが、どれほどのものなのかというのを見せつけられ、気が遠くなるような思いでした。

天心選手が強いのは間違いないと思うのですが、そういったとんでもない世界から見れば、やはりローカルな世界なのか、と思わざるを得ません。

ただ、そんな絶望的な相手に対しても若者らしく小細工なしに真っ向からぶつかっていった天心選手には感動しましたし、涙が出そうでした。すごい格闘家だと思います。

試合後に高田さんとか解説の人が「体重差が……」とか「本来やってはいけない試合」とか言ってたのは、まあ天心選手を守るためだとは思いますが、天心選手もそれは百も承知で挑んだわけなんで、それはあまり言うべきではないかなあ、と思いました。

観る前は、私的には「ひどいマッチメイクだなあ」と思った試合でしたが、ボクシング界の頂点の底知れなさを垣間見れたことと、天心選手の素晴らしい戦う気持ちが見れたという点で、すごくいいものを見せてもらった、と思いました。しかし、このような無茶なマッチメイクにはやはり反対だなあ、とも思いました。

ほかの試合では、堀口恭司の試合は相手の選手がかなり強かったですねえ。同じ体重であの手足の長さの差は規格外だろうと思います。2Rまでは「こりゃ堀口負けそうだなあ」と思いました。

それだけに最後のギロチンがあっさり入ったのは逆にびっくりしました。

「これ極めれるけど?~~極めちゃっていいの?~~極まっちゃったよ~!?」

みたいに見えて、結構ラッキーな勝利だったのかなあ、と思ったのですが、試合後のインタビューによると堀口選手は狙っていたとのこと。素人にはわからぬ試合の機微があったようですね。ただ、もし再戦することがあれば、同じ手は通用しないだろうし、結構ヤバいかもなあ、と思いました。

女子の選手権はこれまで浅倉カンナとRENAが激しく鎬を削っていたのがなんだったんだ、というぐらい浜崎選手が段違いに強かったですね。

ほかに印象に残ったのは朝倉兄弟、とくに前回の日沖発に続き、今回リオン武をKOで破った兄の未来選手はすごい勢いですね。

ひと昔前の格闘技ファンの私にとっては、日沖選手やリオン選手と言えば、日本の超トップスターですから、彼らが完敗というのは一抹の寂しさを感じずにはいられないですけど、時代の流れってことですかね~。

時代の流れといえば宮田和幸の引退試合も感慨深かったですね。ことあるごとにKIDに秒殺された試合ばかりが取り上げられるのは気の毒な気はしますが、数年前の格闘技黄金時代を支えた選手のひとりですからね。

しかし、この試合のフィニッシュのアームロックは驚きました。レスリング出身の選手とは思えぬテクニックでした。これが数々の修羅場を潜り抜けてきた選手の進化ですかね。同じレスリング出身のアーセン選手としては、宮田選手の戦い方や進化から学べるものはすごく多いんじゃないかと思いました。

あとマネル・ケイプが初登場時のどう猛さがすっかり鳴りを潜めておとなしくなってしまったのが残念です。結構お金を稼いでハングリー精神を失ってしまったのか。

そんな感じで、私的にはトータル的には面白い大会ではあったのですが、やはりメイウェザーの深淵を見てしまうとRIZINのローカル感を感じてしまいましたね~。

しかし、その中でRIZINひいては日本の格闘技界が今後どういった方向へ進んでいくのか注目したいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1(元旦)謹賀新年!!

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

昨年はスポチャン婆娑羅ならびに大門大吾が大変お世話になり、ありがとうございますm(_ _)m

昨年はイマイチのれない1年でしたので、今年はノリノリの1年にしたいと思います。

そんなわけで、1月の練習日程を発表いたします!

1月9日    宗兄弟誕生

1月16日   禁酒の日

1月23日   ホリエモン逮捕

時間は19:30~21:00(18時から自主練可)、場所はいずれも都島スポーツセンター多目的室です!

それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »